対象:4・5歳児クラス

観察から体験へと、子どもたちの活動を広げる年長・年中児向けの総合生活絵本

定価(本体399円+税)

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

キンダーブック3 表紙

11月号のつかい方

表紙の絵から

ランナーたちが走っているのは、きれいな紅葉の中。いろいろな形や色をした葉っぱの上から、たくさんの人たちが応援してくれていますね。秋は木々がとてもきれいに見える季節。ドングリを探したり、葉っぱを拾ったりして遊びましょう。

どきどきしぜん

あきの たからもの

ねらい

秋になるとたくさん実るドングリについて紹介します。やがて木になる種であったり、動物たちの貴重な食料であったりと、ドングリはまわりの自然にとって、たいせつな宝物であることを学びましょう。ドングリをつかった遊びも紹介しているので、ぜひ実際に試してみてください。

大きいもの、小さいもの、帽子をかぶっているものなど、たくさんのドングリがありますね。ほかにはどんなドングリを見つけたことがあるかお子さんに聞き、関心を高めましょう。

ドングリの正体は、木の種です。どのように生長していくのか、じっくりと見ていきましょう。ドングリの実がなる木に生長するまで、長い時間がかかることがわかると、ひとつのドングリがとても貴重に見えますね。

ドングリがただ食べられるだけでなく、動物に運んでもらうことで仲間を増やしてきたことにも注目してみてください。

おしごとみせて

りんごのうかさんの なぞを とけ!

ねらい

農家さんのていねいな仕事を見ることで、感謝の気持ちや食べ物をたいせつにする気持ちがもてるとよいですね。

つかい方のヒント

「りんごは好き?」「木になっているのを見たことはある?」などと問いかけ、興味をもたせましょう。わざと実の数を減らしたり、色を出すために葉っぱを取ったりして、おいしいりんごを作るために工夫をしていることがわかりますね。

みんなでせいかつ

めざせ! せいかつたつじん ひもを むすんでみよう

ねらい

ちょう結びに挑戦してみましょう。覚えると便利な上に、ひとつお兄さんお姉さんになった気分になりますよ。

つかい方のヒント

実際にひもを用意して、結び方を見せながら進めていきましょう。お子さんと実践できるとよいですね。身のまわりにひもをつかっているものがあったら、どんな結び方をしているのか観察してみましょう。

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

このページのトップへ

2017年度 ● キンダーブック3 ● バックナンバー

このページのトップへ