対象:4・・6歳児クラス

観察から体験へと、子どもたちの活動を広げる年長・年中児向けの総合絵本

定価 430円(税込)

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

キンダーブック3 表紙

9月号のつかい方

表紙の絵から

今月は宇宙ステーションにやってきました。虫捕りをしたり、キャッチボールをしたりと、楽しそうに遊んでいますね。宇宙に行ったらどんなことをしたいですか? 想像をふくらませて、楽しんでみてください。

どきどきしぜん

ひみつが いっぱい うちゅう

ねらい

月がきれいなこの時期、夜空を見上げることが多くなると思います。地球と太陽、月の関係や、そのまわりにあるたくさんの星に思いをめぐらせ、宇宙の秘密について学んでいきましょう。地球に住んでいる自分たちのことが、不思議に感じられるかもしれません。

宇宙から見た、地球の姿です。まんまるで、きれいですね。青や白、茶色いところは、何があるのか、意見を出し合ってみましょう。

よく知っているつもりの月にも、こんな秘密がありました。昨日の月はどんな形だったか問いかけてみましょう。巻末のお月見カレンダーも活用して、関心を高めていってください。

知っている名前の星がどのくらいあるか、お子さんと声に出して読み上げてみましょう。見た目の違いや太陽からの近さなど、いろいろと見比べて、気づいたことを話し合いましょう。

おしごとずかん

うちゅうひこうしさん

ねらい

あこがれの仕事のひとつ、宇宙飛行士さんのお仕事です。準備や訓練など、さまざまな努力をしていることを伝えてください。

つかい方のヒント

実際に宇宙に滞在している宇宙飛行士さんの姿から、地球では当たり前にできることが、宇宙ではまったくようすが違うことがわかります。水中での動きにくさを伝えると、わかりやすいかもしれません。

みんなでせいかつ

じぶんで できるかな? あんぜんに くらそう

ねらい

絵を見て話し合い、改めて防災、防犯についての意識を高めましょう。

つかい方のヒント

町の中の絵を見て、どんな場所が危ないか、意見を出し合ってみましょう。防災、防犯に関する合いことばも、この機会によく確認してください。なにより、自分のたいせつな命は自分で守るという意識をもつことが大事ですね。

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

このページのトップへ

2018年度 ● キンダーブック3 ● バックナンバー

このページのトップへ