対象:歳児クラス

遊びながら考え、学び、生きる力を育む年長児向けの総合学習絵本

定価 440円(税込)

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

がくしゅうおおぞら 表紙

5月号のつかい方

表紙の絵から

遠足やお出かけが増える5月にお弁当の表紙を見てみましょう。「頭に“た”のつく食べ物は?」「赤い食べ物はいくつ?」「黄色い食べ物はいくつ?」など、さまざまな問いかけができます。裏表紙の迷路は「アスパラガス」です。隠れている10個の黄緑色の物も見つかるとよいですね。

ちょうせんしよう! かず

たのしい こどものひ

ねらい

数の基礎になる「ひとりにひとつずつ」という概念を身につけましょう。

まずはこいのぼりとかぶとのシールを、ひとりにひとつずつ貼りましょう。一番右の男の子を見本にして、同じように貼ってみましょう。

お皿に3つの料理のシールを、それぞれひとつずつ貼って配りましょう。「ひとつずつ」の意味がわからない子には、好きなものを3つ貼ったお皿とそれぞれひとつずつ貼ったお皿を見せて、比較することで「ひとつずつ」の意味を視覚的に伝えてみましょう。

みてみよう! かんきょう

どうぶつの うんち

ねらい

動物や人間のうんちについて考えてみましょう。

つかい方のヒント

子どもたちは「うんち」ということばに反応を示したり、園でうんちをすることを恥ずかしがったりします。特徴のある動物たちのうんちにふれたら、自分のうんちを振り返り、バナナうんちが出ることは元気な証拠であることを伝えましょう。

みてみよう! おはなし

しょうぶで げんきに たくましく

ねらい

こどもの日の意味を知りましょう。

つかい方のヒント

こどもの日の本来の意味を伝え、菖蒲湯に興味がもてるとよいですね。また、公園などで見かける花菖蒲と菖蒲湯の菖蒲は違うことを伝えると、自然へ目を向けるきっかけにもなりますね。

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

このページのトップへ

2018年度 ● がくしゅうおおぞら ● バックナンバー

このページのトップへ