対象:2・歳児クラス

園生活を楽しく豊かにし、やさしい心を育む年少児向けの総合生活絵本

定価(本体362円+税)

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

キンダーブック1 表紙

2月号のつかい方

表紙の絵から

青鬼のかっこうをしたぱんくんが本物の赤鬼くんといっしょに何か楽しそうに話していますよ。「豆をたくさんぶつけられたよ」「痛かったね」などと話しているのでしょうか。二人が履いている虎柄のパンツもかわいいですね。

まいにちげんき

どうしたのかな?

ねらい

自分より小さな友だちが困っていたらどうするか、みんなで考えましょう。

「ちょろくんは、どうしたのかな?」「泣いている子がいたらどうする?」など、この後“自分ならどうするか”を考えられるとよいですね。

ぱんくんがちょろくんにやさしく声をかけています。ぱんくんのように、お子さんといっしょに「どうしたの? だいじょうぶ?」など、ちょろくんに言ってみてもよいですね。

困っている子がいたとき、どのように声をかけるのか自分で考えられるように、ぱんくんやにゃこちゃんのことばを隠して、実際にお子さんに答えてもらってもよいですね。

みーつけた!

ケーキを つくるの だあれ?

ねらい

子どもたちが大好きなケーキはだれがどのように作っているのか伝え、パティシエの仕事に興味がもてるようにしましょう。

つかい方のヒント

ケーキを作る工程では、写真を見ながらお子さんと実際に手を動かして楽しんでもよいですね。

げんきにぱくぱく

すごいね! だいず

ねらい

子どもたちにとっても身近な食材が大豆からできていることを伝えましょう。

つかい方のヒント

「みそを入れてみそ汁を作ろう!」「おもちを丸めてきなこをつけて、きなこもち!」など、写真をつかって想像をふくらませ、楽しんでもよいですね。

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

このページのトップへ

2016年度 ● キンダーブック1 ● バックナンバー

このページのトップへ