対象:4・5歳児クラス

観察から体験へと、子どもたちの活動を広げる年長・年中児向けの総合生活絵本

定価(本体399円+税)

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

キンダーブック3 表紙

2月号のつかい方

表紙の絵から

地上では湖に氷が張り、スケートを楽しむ人たちがいますが、その下にはなんと、暖かそうな土の中の世界がありました。どんなことをして暮らしているのでしょうか? たくさんの部屋があるので、じっくりと見てみましょう。土の中に別世界があることを想像すると、冬の寒い日もなんだか楽しくなりますね。

どきどきしぜん

きらきら ふわり

ねらい

まわりのものを真っ白に包んでくれる、きれいな雪。子どもたちがわくわくする自然現象です。どうやって雪が降るのか、雪は何でできているのかを知り、興味を深めましょう。雪がたくさん降るところと、あまり降らないところとの違いにも気づけるとよいですね。

雪を見たことがあるか、遊んだことがあるかなど、お子さんの意見を聞いてみましょう。雪や雨の降るしくみについては、図を見ながらゆっくりと説明してあげてください。

ひと口に雪と言っても、その種類はたくさんありますね。みぞれと粉雪では何が違うのかなど、話を広げていきましょう。雪の結晶については、チャンスがあったら観察する機会を作ってみてください。

雪が積もると楽しいことがたくさんあります。何をして遊びたいか、話し合ってみましょう。また、ふだんは見えている物が、雪で見えなくなることがあります。雪が降ったときの注意点についても伝えられるとよいですね。

おしごとみせて

いちにちにゅうもん えんの せんせい

ねらい

子どもたちのことを一生懸命考えて仕事をしていることを、わかってもらえるとうれしいですね。

つかい方のヒント

先生がいつもどんな仕事をしているか、お子さんに聞いてみましょう。質問のコーナーでは、お子さんが先生に聞いてみたいことについて話題を広げてもよいですね。

みんなでせいかつ

めざせ! めいじん とけいの よみかた わかるかな?

ねらい

時計の読み方を改めて学ぶとともに、生活のリズムを作るには、時間を意識することがたいせつだということを知りましょう。進学への意識も高められると思います。

つかい方のヒント

「夜寝るのは何時?」「園に来るのは何時?」などと問いかけ、毎日の生活を振り返ってみましょう。付録の時計もぜひ活用して、長い針と短い針の役割をしっかりと理解できるようにしましょう。

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

このページのトップへ

2016年度 ● キンダーブック3 ● バックナンバー

このページのトップへ