対象:歳児クラス

かんがえるたのしさを子どもたちに!

定価(本体463円+税)

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

キンダーまなびきっず 表紙

5月号のつかい方

ことば(言葉・文字)

ひらがな①

ねらい

それぞれの言葉を声に出して読んだり、文字をなぞったりしたあと、ひらがな書きにもチャレンジしてみましょう。

つかい方のヒント

「スタートは①のところだよ。矢印が、書く順番を教えてくれているね」と誘います。筆順と鉛筆の持ち方は、文字を書く最初の段階から気をつけるとよいでしょう。「止めるところ、はねるところ、払うところもあるから、よく見て書こうね」と声をかけ、落ち着いてていねいに書くことを楽しめるようにするとよいでしょう。

小学校へのつながり

「曲がり」と「反り」の運筆の違いや、終筆の「止め」と「払い」などの筆先の力の入れ方、抜き方への意識が、小学校の文字学習につながっていきます。

かず(数量・図形)

集合(仲間分け)

ねらい

色や模様などの属性のヒントを手がかりに絵探しを楽しみながら、属性の違いを認識していきます。

つかい方のヒント

「たいへん! お友だちが迷子になっちゃったよ……どこにいるかな。いっしょに探そう」と声をかけ、「洋服は?」「めがねは?」と確認しながら、一つひとつ見ていきましょう。色鉛筆などをつかって、条件を色分けしながら印をつけてもよいでしょう。

小学校へのつながり

色や模様など属性の違いをわかりやすく伝えようとすることで、語彙力や表現力が促されます。特に形を何かにたとえる比喩表現は、国語の文学教材の読みの学習にもつながります。

くふう(思考・創造)

空間認識

ねらい

場所や位置を把握し対応させて、一つひとつの場所を確認しながら、空間を認識する能力を育みます。

つかい方のヒント

「バスに乗ってお出かけするんだって。どこに行くのかな?」と興味を促し、「お母さんと同じ場所がいいよね。子どもの席を探してあげようね」と上下を見比べます。ぱっと見て「ここ!」とわかる場合でも、わかった後に上下の位置や、何番目というような順序を示して確認するとよいでしょう。

小学校へのつながり

上下、左右といった位置や、左から何番目、右から何番目という順序を理解したりすることは、算数の順序数の理解につながります。

購入ページ

年間構成・内容/定期購読ページ

このページのトップへ

2017年度 ● キンダーまなびきっず ● バックナンバー

このページのトップへ